岡田日記 blog

「赤ちゃんも使える!SPFとPAって?」 日焼け止め選びの基準は??

2016年03月29日

「赤ちゃんも使える!SPFとPAって?」 

日焼け止め選びの基準は??


256856.jpg

こんにちは。
無添加工房OKADA 代表の岡田伸司です。

ポカポカと日差しが気持ちいですね~(*^^*)
小さなお子様と一緒に公園などで過ごすにはもってこいの季節です。
でも、紫外線はもうしっかり降りそそいでいます。
シッカリと対策をしないといけないですね。

帽子、日傘などの紫外線対策も有効ですが、やはり一番の対策は日焼け止めを使用することです。
では、日焼け止めを選ぶとき、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

ドラッグストアなどで日焼け止めを選ぶときによく目にするのが下記の①・②です。


①・「SPFとPAが高ければ高いほど効果がある!」とする広告


たしかに①の「SPFとPAが高ければ・・」は、その通りです。
数値が高ければ高いほど、持続時間(SPF)と防御効果(PA)も強力です。
しかし同時に肌への負担も強力?でかなりのダメージとなります。

肌の敏感な赤ちゃんには、特に注意が必要です。

真夏に朝から夕方まで海水浴に行くのであれば、肌への負担がなってもUVカットの防御効果が高いものが必要でしょう。
しかし日常生活で日焼け止めを使用するときは、闇雲にSPF/PAが高すぎるものは、過剰防衛となっているだけで、肌への負担は本末転倒でかえって増してしまいます。

一般的な日常生活での紫外線対策は、SPF20(6~7時間程度ブロック)、PA++(防御効果が「かなりある」)で必要十分なのです。


078524.jpg




②・「赤ちゃんに使える」肌にやさしい・・」との広告


実はこのよく見る表示の「赤ちゃんに使える・赤ちゃん用」などの表示に規制は一切ありません。
各メーカーが「うちの商品は、赤ちゃんにも使える!」と思えばそれで表示できます。
SPF/PAの数値が高くて肌に負担になろうが、水に落ちにくくするために合成ポリマーを使用しようが、たっぷり防腐剤・香料を使用しようが、一切関係ありません。

ですので消費者としては、じっかりと全成分を確認することです。見て分からなければお店の人やメーカーに問い合わせしましょう。
間違っても宣伝文句をそのまま受け取ってはいけません。
そのような選び方はとても危険を伴いますので。。


148713.jpg





【まとめ】


・ SPFとPAの数値が高ければ防御効果は高いが、同時に肌への負担も高くなるので、生活の場面に合った数値のものを選ぶ。
(日常生活では、SPF20/PA++で必要十分。海水浴などの場合だけ、数値の高いものを選ぶ)


・ 「赤ちゃんに使える・赤ちゃん用」などの表示に規制はないので、全成分を確認して肌に負担となる合成ポリマー、防腐剤、香料などが入っていないものを選ぶ。



いつも申しますが、メーカーのキャッチフレーズやコピーなどの印象だけで決めつけないことが大切です。大手メーカーでも同じです。

まずは全成分をしっかりチェックしましょう。
どんなに印象のいい製品でも全成分を見ると驚くような添加物が入っている製品はたくさんあります。

そして疑問に思うことがあればメーカーに納得するまで問い合わせをすることが大切です。
真面目なメーカーは最後まできっちり回答してくれます。

イメージに踊らされない賢い消費者になりましょう!
それが家族とご自身を守る唯一の方法です。



CAPLRYFF.jpg

■赤ちゃんも安心な肌に優しい日焼け止め 岡田UVミルク





**********************************************************
■「お客様の声」


ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
 店主 岡田あて[e-mail] info@mutenka-okada.com
**********************************************************


■さとうきびスクワラン100%オイルクレンジング 岡田クレンジング
■オリーブ100%洗顔石鹸 岡田石けん
■植物由来100%化粧水 岡田ローション 
■オリーブ1万個分の美容液 オリーブスクワラン100% 岡田美容オイル 
■植物由来100% 合成界面活性剤無添加 岡田美容クリーム 
■赤ちゃんも安心な肌に優しい日焼け止め 岡田UVミルク
■危険なディート無添加の虫除け 安全安心虫除けスプレー



《関連記事》

投稿者 okada : 2016年03月29日 11:25


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.mutenka-okada.com/mt/mt-tb.cgi/212

コメント

コメントを送ってください




(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30