岡田日記 blog

オリーブオイルはなぜ化粧品に使われるのか!?

2015年12月21日

オリーブオイルはなぜ化粧品に使われるのか






一般的にオリーブオイルは広く化粧品の原料に使われています。
ではなぜそれほど化粧品に使われるのでしょうか?


オリーブの花言葉は、「平和」・「安らぎ」・「知恵」・「勝利」。
オリーブの樹は「太陽の樹」とも呼ばれるほどイメージ的には世界中で愛されています。

しかしイメージが良いだけでなく、その効果こそがなかなかのものなんです。



いつごろから化粧品に使われているのか


オリーブ栽培とオリーブオイル発祥の地は地中海沿岸で、 一般的な説ではクレタ島で始まったとされています。 オリーブ・オイルを貯蔵するための最古のアンフォラはここから出土しており、 紀元前3500年ごろのものとみられます。 またその他の説では、カナン人が紀元前4500年ごろに、 初めてオリーブオイルを絞ったとも言われています。。

greece-997651_960_720.jpg





オリーブオイルの成分と役割



オリーブオイルに含まれる脂肪酸のうち約8割を「オレイン酸」が占めています。
オレイン酸は肌へのなじみがよい他に、柔軟性を生む働きも期待されます。
ほかにも、保湿成分である「スクワラン」や「グリセリン」が含まれており、
肌にとても有用なオイルとされ、古くからクリームやマッサージオイルなどに使われてきました。

またオリーブオイルには、ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノール等が含まれており、
アンチエンジングにも効果があるとされています。

・オレイン酸

脂肪酸のひとつで酸化をしにくく老化の原因となる過酸化脂質の発生を抑えてくれます。

・スクワラン

肌に潤いを与え、キメを整える天然保湿成分で酸化や変質をほとんどおこさないのが特徴です。

・グリセリン

高い保湿作用にあり乾燥に効果的で、肌を柔らかくする作用もあります。

・ビタミンA

皮膚や粘膜の正常に保持する働きがあります。

・ビタミンE

抗酸化作用により、体内の酸化を防ぐ働きがあります。

・ポリフェノール

抗菌・抗酸化作用効果などによりアンチエイジング効果があります。





以上のように、古来から愛され広く人々に利用されてきた効能の高いオリーブオイル。
使わない手はないですね。(*^^*)





**********************************************************
■「お客様の声」


ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
 店主 岡田あて[e-mail] info@mutenka-okada.com
**********************************************************


■さとうきびスクワラン100%オイルクレンジング 岡田クレンジング
■オリーブ100%洗顔石鹸 岡田石けん
■植物由来100%化粧水 岡田ローション 
■オリーブ1万個分の美容液 オリーブスクワラン100% 岡田美容オイル 
■植物由来100% 合成界面活性剤無添加 岡田美容クリーム 
■赤ちゃんも安心な肌に優しい日焼け止め 岡田UVミルク
■危険なディート無添加の虫除け 安全安心虫除けスプレー



《関連記事》

投稿者 okada : 2015年12月21日 10:50


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.mutenka-okada.com/mt/mt-tb.cgi/209

コメント

コメントを送ってください




(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30