岡田日記 blog

【SPFについて】 ご意見お聞かせ下さい。

2008年06月16日

いつもお世話になっております。
無添加工房OKADA、店主の岡田です。


すっかり夏ですね。暑いです。。(^^;

お待たせをしております『安全・安心 日焼け止め』ですが
なかなか100%満足できるものが出来ません。

今回の試作品(SPF20)ですが、使用感、落としやすさなどでも
改善の余地があると感じました。

SPF値を多少下げて、充分な日焼け効果は保ちつつ
肌への負担、使用感、落としやすさなどを改善できればと考えています。

勝手なお願いで恐縮ですが、皆さんのご意見を商品に反映できればと
考えておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■


【SPFについて】 ご意見お聞かせ下さい。

SPF数値とは何も塗っていな状態の皮膚が、
20分で日焼けをする時間を何倍長くできるかを基準にしています。


例えば

★SPF30 20分×30倍=600分=10時間(10時間まで日焼けが抑制)

★SPF15 20分×15倍=300分=5時間(5時間まで日焼けが抑制)

ということです。
つまり防御力の強さでなく、効果がある時間の基準です。

私は特に気を付けなければならない点として、
下記の2点を考えています。


 * 【SPF値が高いほど、肌への負担は大きい!】

上記のように長時間(10時間)屋外にいることは、
海に行くとか特殊な場合に思います。

SPF15でも5時間日焼け止め効果があるのですから、
途中で重ね塗りをすれば、効果的にもそん色ありません。

また、SPF値が高いほど肌への負担は大きくなります。
洗浄も石鹸だけでは落としにくくなります。

以上のようなことから、高いSPF値はかえって無用の長物で
マイナス面だけが大きくなるように思います。


 * 【紫外線散乱剤は、肌への負担がとても大きい!】

簡単にSPF値を上げる方法として紫外線散乱剤を
使用する場合が多いです。
市販のもので特に表示がないものは、ほとんど入っています。

使用感も向上しますし、とても売りやすい商品にはなるのですが
肌への負担は確実に増えます。

以上のようなことから、今回SPF値を『15』程度にて
試作を変更して開発しています。

とは言え、皆さんのご意見もお伺いして商品作りを目指したいと
思いますので、皆さまのご意見をお聞かせ頂けないでしょうか?


  どうぞ下記にて、ご返信のほど宜しくお願いいたします。

     ★返信先【店主 岡田あて】
          ↓↓↓
      okada-s@mx1.tiki.ne.jp

********** 切り取り線 ***********

 【安全な日焼け止め】アンケート

*ご希望のSPF数値  (                )

*その他ご要望     (                )


******************************


以上、2点についてご意見お聞かせ下さい。

宜しくお願いいたします。


     ★返信先【店主 岡田あて】
          ↓↓↓
      okada-s@mx1.tiki.ne.jp




《関連記事》

投稿者 admin : 2008年06月16日 20:20


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://ad103e3gbr.smartrelease.jp/mt/mt-tb.cgi/53

コメント

コメントを送ってください




(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

2016年5月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31